前へ
次へ

交通事故による怪我の損害賠償請求

交通事故の被害者として損害賠償請求をしたい場合には怪我をして入院や通院をしたときにかかった費用だけでなく慰謝料も請求できることを考慮し、できるだけスムーズに多くの賠償金を受け取れるようにするのが大切です。
入通院が必要になったときには慰謝料を請求できますが、その金額がいくらになるのかが気になる人もいるでしょう。
事故や治療に伴う苦痛に対する補償なので数値化するのが難しいのは確かですが、慣例に従って決まっている基準が三つあります。
一つ目が自賠責保険基準で、自賠責保険で定められている加害者への補償額が算定根拠です。
二つ目は任意保険基準で、加害者が加入している任意保険の支給基準に基づいて決まる仕組みになっています。
そして、三つ目が裁判基準で弁護士に相談したときにいくらにすべきかという数値が判例から定められています。
基本的には自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準の順に金額が増えるので損害賠償請求は弁護士に任せるのが得策です。

Page Top