前へ
次へ

損害賠償でもめる原因の一つ、過失割合とは

交通事故の中には、当事者の両方に過失があり、100%としての加害者と被害者が決めかねられない状況などもあります。
両方の車の損傷が激しい場合、保険金で全て解決できると思われる人もいるかもしれません。
損害賠償は、過失割合によって、過失相殺され、総額の相殺された分しか請求ができません。
例えば、過失割合が7対3で、3割自分に過失があった場合、7割しか損害賠償を請求できないのです。
過失割合は、誰が決めるかといえば、警察だと思われるかもしれませんが、警察ではありません。
保険会社同士で、過失割合を決めることになります。
保険会社によっては、過失割合をこじ付けに利用し、支払額を減らす話も存在します。
交通事故で損害賠償をしっかりと請求してもらうためには、弁護士を介した方が望ましく、しっかりとし支払ってくれやすくなるでしょう。
悪意がある相手であれば、嘘の証言で、過失を押し付けられる場合もあるかもしれません。
交通事故が起きた場合は、目撃者の証言も証拠として効力があり、目撃者を押さえておくのもポイントです。

Page Top