前へ
次へ

損害賠償をするつもりのときに重要なこと

交通事故などの被害に遭って怪我をしたり物品が壊されたりしてしまったときには損害賠償を請求することができます。
ただ、事故に遭った時点から損害賠償請求をすることを念頭に置いて準備を整えておかないと請求できる金額が目減りしてしまう可能性があるので注意しましょう。
基本的にはその事故の被害によって負担することになってしまったお金は一通り請求することができます。
病院で治療のためにかかった費用や物品の修理に必要だった費用は請求できるのは明らかです。
ただ、このような直接的なものだけでなく、付随的にかかった費用も請求対象になります。
病院に通院するためにかかった交通費、住宅の修理のために一時的に必要になった仮住まいの賃料や引越費用、車の修理中に出してもらった代車費用などが代表例です。
このような支払いについても領収書を残しておけば請求できるので、関連する支払いについては全て領収書を準備しておくようにしましょう。

Page Top