前へ
次へ

弁護士に損害賠償の請求を依頼

誰もが遭遇する可能性が0ではない交通トラブル、災難なのは大破した自動車だけではなく、最悪の場合、命も失うことがあります。
中には、事故当初、何の怪我もなかったためか、その場で示談にしてしまい、後遺症に苦しむケースもあります。
健康な身体を取り戻すにも相手の素性もあやふや、保険に未加入などで治療費の支払いに困惑するケースも少なくありません。
被害者にとって、苦しみや悲しみ、怒りなどの感情に力を貸してくれるのが弁護士です。
できることとして損害賠償請求をしてくれます。
こうした案件を担当してくれて、加害者への損害賠償請求を確固たるものにするだけでなく、後遺症が残った場合の成年後見人、亡くなったら遺産相続など、内容次第で利益を守ることに尽くしてくれます。
加害者が保険に加入していれば、保険会社と加害者側の事情を聞き、被害者のために適正価格を算出し、しっかり話し合いの場を設け、意思疎通が図れないなら訴訟を進めてくれます。

Page Top