前へ
次へ

損害賠償の金額の予定を立てる

損害賠償の金額は、たまに迷ってしまう事があります。
その理由の1つは、相場が分からないからです。
例えば何かトラブルが生じて、相手にお金を請求するとします。
その際に、相手に何円請求すれば良いか迷ってしまうケースもたまにあります。
金額の相場が分からなければ、判断しづらくなる事もあるでしょう。
ですから契約書には、損害賠償の目安額が書かれているケースが多いです。
そもそも契約書を作成する時には、将来の事を色々想定するケースが多いです。
契約書を作るなら、万が一のトラブルも予想しなければなりません。
予め予想しておいて、損害賠償の金額を契約書に盛り込んでおく訳です。
つまり賠償金の「予定」を立てることになります。
一旦金額を決めておけば、万が一トラブルが発生した時でも、スムーズに手続きを進めやすくなります。
ただし契約書を作成する本人だけでは、予定を作るのは難しい事もあります。
たいていは弁護士に相談した上で、契約書を作成する事になります。

Page Top